電子書籍の導入で本屋に行くことも無く安く読むことができるようになった。

以前は職業柄気になった本は本屋で買うことが多く、読み終わると古本になってしまうので回収に手間取ったり古本屋に売るにも安い金額を提示してくるので結局は高くついてしまうということが良くありました。

スマホにしてから電子書籍として読むことが多くなったのですが読みたい本を選ぶことに時間をかけて、気になる記事はスクリーンショットで撮ってから保存をするようにしたところ本代を節約することができました。

更に私はドコモのスマホを利用しているのですが、dマガジンで読み放題のサービスを利用したところ結構読むことが多く「これならコンビニなどで立ち読みしなくても済みそうだし、結構お得感がある」ということに気が付きました。

他にも漫画なども電子書籍でダウンロードして読んでいます。

以前は本棚が必要かなと思っていたのですが、電子書籍は本棚が無くてもいいし何よりも持ち運びもできるので外出先でも暇さえあれば読むことができるという利点があって、ちょっとした暇つぶしにもなります。

ただし、電子書籍は電力を消耗するので充電器が必要だったり充電スポットを探すといったリスクもありますが、工夫次第で何とかできることがほとんどです。

本題を何とか節約したいなと思っている人は電子書籍の導入してみてはいかがですか。

本よりも荷物も減らせるし軽くなります。

継続的に貯蓄を続けていくためにする簡単なこと

貯蓄の目的を決める

ただ、将来が不安だから貯蓄をする、これだと、ストレスが溜まり、継続的に貯蓄することができません。

貯蓄のためには、何かを我慢するので、多少なりともストレスがかかります。

貯蓄の敵は、このストレスだと思います。

タクシーで帰宅したいけど、我慢して電車で帰る。

高級なお肉を食べたいけど、我慢して安めのお肉で我慢する。

海外旅行に行きたいけど、我慢して今年は国内旅行にする。

このように、貯蓄のためには、何かを我慢するため、ストレスがかかります。

なので、貯蓄の目的を決める必要があります。

その目的は、自分が本当に求める、心惹かれるものにします。

そして、貯蓄のために何かを我慢する時、その目的を思い返します。

そうすると、ストレスが軽減されます。

あの目的があるから、と思い返すと、心のトキメキが生まれ、ストレスが軽減されるはずです。

海外のあの場所に行きたいなら、その場所で楽しんでいる姿を思い浮かべる。

あの時計が欲しいなら、その時計を身に付けた自分を想像して、どんなファッションにしようかまで考える。

誰かに何かをプレゼントしたいなら、その人がどんな顔をしてくれるか、思い浮かべる。

そうすると、ストレスを乗り越えることが出来て、継続的に貯蓄を続けることが出来ます。

いますぐできる!簡単節約方法!

みなさんはどのように日々の節約をしていますか?

微々たるものかもしれませんが参考にしていただければと思い、私の簡単節約方法をご紹介したいと思います。

1つ目は「買い物回数を減らす」ことです。

食料や雑貨は基本的には週1回にします。買い物回数が多いと必然的に財布を開けるタイミングが多くなります。そして「ついで買い」も無くします。これらが少なくなればお金も減るスピードが緩やかになるはずです。

2つ目は「水筒を持ち歩く」ことです。

外出先で飲み物を買うと意外とお金が出て行っています。しかもその外出先はコンビニになることが多くありませんか?コンビニはほぼ定価で販売されています。安くても20円引きなどではありませんか?はっきり言って高いです。買うなとは言いません。外出先での楽しみの1つでもあります。でもお茶くらいは水筒で持ち歩けばその分だけでも節約になると思います。

3つ目は「携帯電話などの通信機器利用の節約」です。

今や通信速度も購入する世の中ですよね。締日近くなるといつも速度が低速になり、購入していませんか?基本料金自体がすでに高い携帯料金を余計にカサ増ししてますよ。こんな時はパソコンなどの無線LANやWi-Fi機能のフル活用をオススメします!少し速度は遅いかもしれませんが、背に腹は変えられません。是非使ってみてください。

以上3つはいますぐにでもできる節約方法だと思います。ご自分のライフスタイルに合わせて上手にお金と向き合っていきましょう。

妻がおこなっているFXの体験談となっております。

これは自分は人にはおすすめをする気にはなりませんが、使い方次第では将来自分に大きな見返りを与えてくれます。

FXは通貨売買をおこなうことにより、変動によってその差額で利益を得るという投資です。これは変動の結果によっては損害を招くこともあり、大きなしっぺ返しをもらうことになりかねません。貯金とはいいきにくいですが、妻の場合はこちらのFXの口座に30万円を預けて、後は一切追加をしないようにしております。FXには高金利の通貨があり、ニュージーランドの通過であれば、3000円で一口購入をすることができて、毎日約50円の金利をもらうことができます。FX用語でいうのであればスワップポイントというものです。妻はこれを30口、90000円分購入をして、毎日150円の金利をもらっております。後の差額は変動に対して、ロスカットが発生をしないための供えです。2010年にサムプライズローン問題が発生をしましたが、その対策としてロスカットが装備をされました。このシステムが発動をしなければ、赤字となっても将来回復することを見込んで、取引を継続させることができます。将来は大きな利益をもたらしてくれるかもしれませんが、最悪の場合はなくなってもいいという貯金であります。

節減をして貯金を繰り返すためのさまざまな智恵

あたしは田舎町に住んである。うちは住まいだ。そしてうちの住居菜園で野菜を作ってある。食費の節電に住居菜園は有効に使えます。最初ウィークの食費が大概3,000円から4,000円くらいで済んでいて、月収に換算しても15,000円レベルに収まってある。
それから、テキストなどは合計、書房で読んである。テキストの価格もかからないので、報せ費の節電にもなっています。続報に関しては、主にWEBを活用しています。これらの無料で使える報せインフラのおかげで、報せを手に入れるためのマネーは全く掛かりません。
TELはガラケーを使っています。こちらも一月の情報費は2,000円前後だ。
航行には原付バイクを使っています。ガソリン代は一月に1,000円レベルだ。
こうやって固定費を削減する結果基本的な生活費を統べることが可能です。
一月の因る生活費は2万円を切っているので、残りのマネーはきっと預金に回すことができます。大概一月に4~5万円は預金に回すことができます。
預金に関しても、ただなんとなくマネーを蓄えるのではなく、具体的な狙いを持って貯めることが大事です。あたしはミュージックの趣味があるので、目新しいギターや器具を貰う結果という狙いを持って預金をしています。
日々のライフスタイルのジョギング対価を下げれば、いつしか預金は広がるのです。

20代でも預金は望める

ういういしい間は趣味やアミューズメントなどお小遣いも必要ですし、数少ない売り上げで生活するのが精いっぱいですね。
自分も単身をしながら短いおお金でやりくりしていた状況があって、ゆとりはありませんでした。
お家暮らしをしていらっしゃる仲良しはそれなりにお小遣いもあり、羨ましく思いました。
それでも交流を断ったり、習い事を我慢するのは不快だったので仮に計画的に使っていたものです。

若い人は余った食い分は預金やるつもりでも只余らないということが多いのではないでしょうか。
賃金振込の銀行にただあるだけで、預金は何もしていないという人もいるようです。
窮屈のはわかりますが、意識を変えてメソッドを工夫すれば預金はほぼやれるものです。
最高簡単なのは賃金天引きで財形預貯金をすることだ。
これなら最初からないものとしてその中で生活すればいいですね。
また賃金振込の財布の生じる銀行で定期積立をするのもすばらしい施術だ。
自動的に決まった額を定期蓄えにできるので、手間も要りません。

惜しくも条件の良い方法で積み増したいという人には証券業者の財布を吐出し、取引嘱託を購入するのがよいでしょう。
自分もしていたのですが、リスクの少ないものに積立投資をしていると一般的な定期蓄えより増えていきます。
円本数のところドルを貰うという人も増えましたが、円だけではなく外貨預金も場合によって著しく繰り返すことができます。
リスクを回避して手堅く溜めるか、少しのリスクがあっても預金を殖やすことを感じるかはその人次第ですね。
取引嘱託や外貨預金を試すと、環境環境にも注視が傾くので社会人としては良いことです。

誰でも簡単な貯金のはじめ方

人生において貯金ほど大切なことはない。

少しずつコツコツ貯めていけば必ず役に立つときが訪れるからだ。

だがこの貯金、簡単なようでなかなか始めることができない。

そこで私が実際に行っている貯金方法を紹介する。

大学時代、私には裕福な友人がいた。

その友人は大学生とは思えないほど資産を持っており、お金に困っている様子はまずなかった。

対して、自分は趣味への出費が多くバイト代が給料日間近になるとほとんどないのが日常茶飯事だった。

そんな自分に対して、友人が進めてくれた貯金法がある。

それは、財布に残っている小銭をすべて貯金してしまうということだった。

裕福な彼は日ごろから1万円近くは持ち歩いていたため、小銭が邪魔になることが多かった。

なので、邪魔な小銭を貯金に回してお金を蓄えていたのである。

これなら、資産が多いのも納得できる。

しかしながら、この方法はお金に余裕がある彼だからこそできる貯金テクであり、常にギリギリでやりくりしている私にはハードルが高い。

そのため、この貯金テクを自己流にアレンジすることにした。

それは貯金対象を5円以下に限定するというものだった。

「それではあまり貯まらないのでは?」と思う方も多い方と思われるが、貯金とは日々の積み重ねである。

少ないお金でも貯金をする習慣が出来ていけば、次第にお金もたまっていくようになる。

貯金していくことがすっかり習慣化した私は現在10円玉以下の貯金だけで3000円以上貯めている。

一見難しく見える貯金だから初めて見ると意外と楽しいものである。

これに貯金額が分かるアプリをダウンロードするとなお一層貯金が楽しくなるだろう。

貯金を始めようとして迷っている皆さん、まずは少ない金額から貯金を始めてみてはいかが?

小銭貯金について

子供ができてから、食費や雑費、子供のおもちゃなど費用が重み、なかなか貯蓄をできないと思っていました。

けれども、いま思うと、もっと前から貯金に気を遣っていれば、もっと今ごろは貯まっていたはずです。

なぜなら、前までは私もパートに出ており、月に10万円近くは稼いでいたのに、今は働きに出てないのに、貯金ができているからです。

パートに出ていた頃は、働いているからと、洋服も好き放題買っていたし、疲れて帰ってきたときは、お惣菜をかったり、外食もよくしていました。なので、収入がある割に、無駄遣いをしてしまい、貯金がほとんどできませんでした。

2人目の子供ができて、働きに出られなくなった今は、毎日、水道の水一滴にも気を遣うほど、節約するようになりました。

食費も抑えるために、肉は必要以上に入れないように、買ったら小分けして、冷凍庫に入れ、野菜を多めにして、こまめに調理に使うようになりましたし、かさましで、原価の低い、お豆腐はハンバーグに混ぜたり、カボチャはコロッケに入れたりして、乾物の高野豆腐をひき肉に見立てて使ったりしています。

子供をお外に連れて行っても、できるだけコンビニなどは寄らずに、家から持っていったフルーツやお茶などでおやつを取らせるようにしています

こつは食材のまとめ買い

我が家の日常の節約方法は一週間分の食材を土曜日か日曜日にまとめ買いをすることです。

いつも買い物にいくお店は基本の単価が比較的安く、土日に安売りをしてくれるスーパーです。

比較的安いのですが、良い魚屋さんが入っているらしく、美味しい魚を売っているスーパーです。

そこのスーパーのチラシを確認して、買い物をします。

毎日食べる季節の野菜や肉、卵など安売りの食材は特によくチェックします。

そして、その安売り食材を中心にして、家族の希望も踏まえて一週間分のメニューを決めていきます。

買い物は余計なものをなるべく買わないように、事前にメモを作ってから買いに行きます。

週のはじめは買い置きした食材で冷蔵庫はぎゅうぎゅうですが、週の終わりには冷蔵庫の中身がすかすかになります。

買いすぎに注意すると、食べきれなくて食材を無駄にすることも避けられます。

通常のメニューは白米、味噌汁におかづ二品程度です。

おかづは極力手作りするようにしています。

毎日、細々たくさん作るのは二歳の娘の相手をしながらでは難しいので、一回に野菜をたくさん使う日持ちのする常備菜を大量作り置きしておき、その常備菜プラス一品、なにか家族の希望のメニューにしています。

安い豆腐やモヤシをよく使います。野菜や豆腐を中心に料理するとお通じもよくなり、健康的な食生活になりますよ。

小銭を活かすと意外に節約に成る

ずぼらな人は小銭を混ぜてためてしまうので、活かす機会を失いがちです。昔は小銭をまとめて銀行や信用金庫に持ち込んでも非常に安い手間賃で両替してもらえましたが、今はそうでもありません。ですから釣り銭を溜めるのは得策ではありません。

消費税が8%になって以降、釣り銭に1円玉も混じる様になりこの傾向は更にはっきりしています。ですから、釣り銭を次の支払いで使えれば自分も小銭を少なく出来て良いし、店にも釣り銭を用意するペースが遅くなって良いのでなるべく無駄無く支払う様にします。銀行のATMで預金できる範囲では手数料がかからないか、極安く入金出来ます。

そんな機会があれば使うのも節約になりますが、何より不要な釣り銭を受け取らないで済む様に支払う事が大切です。また硬貨20枚までなら切符の販売機でも使えるのでそれで溜まった釣り銭を手数料なく使う事ができます。10円玉20枚でロト6も買えますが硬貨21枚目は同時に使えないと拒否する権利が受け取る側にあります。

レジが混んでいる時に20枚数えるのはどんな業種でも大変です。そんなに溜めず、釣り銭を少なくする様に支払い時に工夫する事で意外な節約になりますし、習慣にすればお店のサービスも向上するかも知れません。