エアコン取り付けっ放しでも省エネとは・・・

先日テレビ番組の電気代削減のポピュラーなどでよく耳にするのが、エアコンディショナーを取り付けっ放しにするほうが電気代が安くなるというタイプ。電源をオンにする時がベスト電力を扱うという行いらしいですね。そこで思い起こしたことがあります。友人のペットの話です。

近くは夫妻両者くらしで犬を飼い始めました。昼自分も一部分で外出しているのでワン様が留守番だ。一軒家の2床にワン様を差し置くのですが、夏の暑さがすごいて室内温度が35℃以上になる。犬も努力症にのぼるらしく悔しいと思いながらもエアコンディショナーを取り付けっ放しにしておくことにしたそうです。気温は29℃くらいに設定して朝から夕方まで弱風の状態で存続、自分も帰宅した時折気持ちがいいとのことでした。

おんなじエリアに私も住んでいますが、日本でも有名な蒸し暑い盆地なのでミッドサマーお日様は長くてエアコンディショナーなしでは過ごせません。ペットも同じですね。およそ電気代は高くなるんだろうと思いきや、じつはそんなことはなくむしろ台数百円安くなったと言っていました。押し付けたり消したりを増やす行いのほうが全然電力を消費すると言うことの論証ですね。

私も夏場に外出して帰宅した時折エアコンディショナーがなんだか効かずに困ることがあります。長時間の訪問なら設置気温を高めにして、そのままにしておくほうがかしこい芸風なのでしょう。うちはペットはいませんがこのやり方はいいと思いました。