以外に美味しかった「冷ご飯」カット方法

30代まん中の省エネルギー奥さんだ。自身は清貧な省エネルギー身の回り、そしてのほほんと蓄えをしていく…という操作が好きなのですが、様々な小方法や見識も、彼氏には小馬鹿にされ続けて、いまいち追及が報われません。自分自身で信念を維持していくのもどうしても困難のですが、やはり喜びはありますので先行きを信じて続けていらっしゃる。

今日行為しだしたのが、「めしの総論炊き」だ。これは割とクラシックな省エネルギー計画、食事に省エネルギー重点を置いている者にはよくある技法だ。実は自身は長く、「冷ディナー」が凄く不味いものだという感じを保ち続けていました。マイホームの妻が食品苦手で、めしの保温を散々し続けていたため、炊き立てでないめしははたして不味い物だったのです。私は、毎度ご飯を食べる催し物ごとに炊いていたのでした。

ところが、ホビーのご時世書物本読みを積み重ねるうちに、「なんで冷ディナーを食べるシーンでも、こんなにも美味しそうなんだろう?」と不思議に思ったのです。そこで少々調べると、炊飯器の保温プラスを使わずに、賢く湿度を保って取り込みできれば、冷ディナーも美味く繋がる、ということがわかりました。そういうわけで、冷ディナーを摂ることにかなり応戦がなくなったので、今はワンデイ分のディナーをあっという間に炊いて、電力縮減につなげるみたいと身の回り励んでおります。ちっちゃな事ですが、年間上くらいには目に見える成果が出ていることを祈ります!!