面白く小遣いを溜める対策

通常、「明日からストックを決める」や、「ストックを目指すけどかなりストックができない」「ラクラクストックが出来たらいいのに」
など、対価を貯めたいけど、ずいぶん対価を貯めるまでにはいかないという人も多いと思います。

そういった個々に、簡単に面白く対価を溜める施術をご紹介します。

まずは、ストック器物を用意します。
ストック器物がなければ、缶のふた存在の器や、プラスティックの器など、なんでもOKです。

もしも、ほしいやり方や、貯めたい料金の目安があれば、マジックで書くと、ためる楽しさがわいてしまう。
そして、ストック器物に対価を来れる料金ですが、フリーだ。
対価を加える金額がフリーだったら貯まらないんじゃないの?と思うかもしれませんが、それが知らぬ間に
貯まっていくのでおかしいんです。

来れる対価なんですが、例えば、1000円や、500円などでお買い物をして、おつりをください。
そうして、そのお釣りをストック器物に入れて行くだけです。
来れる料金を確認してもいいのですが、確認せずに入れていくと、たとえ貯まったか予想がつかないので
蓄える歓びが倍増します。

そうやって対価をためると、楽に、しかも面白くお金が貯まっていきます。
お釣りを貯めたくて、ふっとお買い物をしてしまうと引き下げにならなくなるので、気をつけましょう。