中古住宅をかうことが節約になるのです

“ご近所で、若いご夫婦が、築40年ぐらいのお宅を買われて住まわれています。お安かったそうです。
住宅ローンも組まなくてもいいような金額です。
そこで、我慢するそうです、新築の家を買えるようになるまで、必死に働くのだといいます。
そのようにして、新築を買って、移り住むのが、最大の節約になるといいます。

現に趣味にお金をかけていたり、金銭的にも余裕のある生活を送っています。
一方で、はじめから、新築の住宅を購入してしまうと、住宅ローンを当然ながら組むことになります。
若いときに組む、住宅ローンは、厳しのです。金額を払えるのかどうか、いつも不安な生活になります。
このようなご家庭は、最高の幸せが短時間にきて、その後を考えるのが怖いということになったりするのです。

どちらを選ぶのかは、自分次第ですが、どちらかというと、中古のお宅のほうが賢明なのではないかと思います。
ローンを組んでいたとしても、新築物件の5分の1の費用で済むのです。生活の楽さが、違うことは明らかです。
家の問題は、家計の大きな節約の要素なので、おろそかにはできません。
よく家を購入するときに、調べることです。
それができると、安心して、生活できるのかもしれませんね。”