貯蓄するなら、おすすめは信用金庫や信用組合!

皆さんは、貯蓄するのにどこの金融機関を使っていますか?やはり銀行を使っている人が多いのではないかと思います。が、私のおすすめする金融機関は、信用金庫や信用組合です。

なぜなら、信用金庫や信用組合は一般に、銀行と比べて預金金利が高めだったり、ノベルティが良かったりするところが多いからです。これらの金融機関では、資金調達を顧客からの預金に頼っているため、頑張って預金を集めなくてはならず、そのため金利などのサービスが良くなる傾向があるのです。

例えば、私が今、貯蓄に使っている信用組合では、金利が0.2%(昔はもっと高かったのですが)に、宝くじが抽選であたる定期預金があります。抽選の景品が宝くじというだけではそう珍しくないかもしれませんが、なんと、この定期預金、月1回1000円キャッシュバックの抽選もあるんです。

この超低金利時代に金利0.2%もなかなかないと思いますが、1000円キャッシュバックの抽選とか、当たると地味に嬉しい楽しみが毎月あるのも良いでしょう?信用金庫・信用組合にはこのように色々な工夫を凝らして、預金を集めようとしているところが多いんです。

決算期が近いときは、特に預け入れのチャンスです。新規の預け入れで、お米や高級店のお菓子など、良い景品が貰えることが多いです。景品を貰うため、いったん定期を解約して他行に入れ、再度定期を作り直す人もいます。

そこまでするかどうかはともかく、どうせ貯蓄するなら、少しでも得なところにしたいものですよね。信用金庫や信用組合に馴染みがない人も、一度検討してみてはいかがでしょうか。

まずは関心を持つことから設けるのが、節電への初め

 むだな支払を抑えて節約することは、”いうはやすく立ち向かうは難し”と想うことはありませんか。別途、友人と話していて、両方どのようにして節約しているかという話題になることがあります。削減術に通じている人も多いでしょうが、何をどこから始めたら賢く削減できるのか、簡単そうでも意外に難しいと考えることがあります。
 ほんの少しでも削減に関心を持つことからはじめることが、その幕開けではないかと個人的に思った事例があります。削減術としては基本的対策ですが、例えば、削減望める一気勧誘機を選ぶこともその一つです。自販機を利用しないで水筒を常に持参して掛かるという人からすれば、自販機を利用するところ自身、削減とは言えないと言われそうですが、手軽に缶コーヒーを買えるのが強みであたしは一心に利用しています。でも最近は缶コーヒー1本が130円というのが財テクになってきましたよね。次第に値上がりしてきて、缶コーヒーも気軽には買えない気がしていました。ところが、まだまだ注意して自販機の根付けを見てみると、所によって1本120円の職場もあれば、1本110円、そして近所にも1本100円というところがあることもわかりました。同様印象からすれば、繁華ストリートやモールなど、第三者が大勢固まるところは金が厳しく設定してあります。やはり、第三者が主として落っこちるような場所に自販機が置かれることはないでしょうが、田園でも社や工場の前に設置されている自販機は1本100円とか110円で売られていることが多いです。そのように幾らか関心を持って自販機を選ぶようにすると、缶コーヒー1本でも最大30円の削減ができることになります。
 いまいちの件は、銀行から富を呼び起こすときの手間賃だ。自分が利用している銀行が、他のどの銀行や信用金庫と提携しているかに関心を持つだけで、ウィークデーの利用であれば銀行料金が無料になることがわかったり行う。
 ふとしたことですが、このように、まずは削減に関心を持つことから始めるようにしています。