節約・貯金に一番大事なことは使ってる金額の把握!

節約や貯金をしようと、ここ最近私が実践していることは、家計簿をつけて自分の支出を見える可すること。それと、その日の財布の中に入っている小銭を全部貯金箱にいれること。この2つです。家計簿自体は何度も挑戦をしてきたのですが、どうしてもめんどくさくなってしまってうまく

いかなかったので、今回は自分で家計簿ノートを作ってとてもざっくりとした家計簿の作成をしました。項目としては「食費」「雑費」「交際費」「交通費」「その他」です。固定費とかも書こうかとおもったのですが、固定費は月に1回だけでるようなものなので、「その他」に含める事にしました。実際書く内容が少なくて済むので毎日の時間としては短縮になるし、だいたいこの中でまかなえる内容になっています。このざっくり収支ノートで自分が一番何に使っているか。を考えたときにたばこと飲料代だったのです。なので、飲料代は削ることができるので毎日水筒をもっていくようになりました。それだけでグンと自分の支出は減りました。それと、ともに家計簿を書くときに細かい数字があると計算が大変になるので、500円以下の小銭は毎日貯金箱にいれるようにしたのです。そしたら、毎日最大で499円の貯金ができます。もし毎日300円ずつ貯金箱にいれたとしたら9000円の貯金になります。微々たるものではありますが、このような感じで自分がしんどくないようにしつつ貯金ももっと殖やしていけたらなと思って今はがんばってます。

節約生活が身に付くと人生楽しいです。

収入が、高い人ほど、お金は貯まらないと聞きます。わたしも、高収入を得ている人に、聞いたら借金だらけと言いました。

収入が、安い人ほど、コツコツとお金を貯めてる人が多いです。

給料が安い人は、生きる知恵が、働くみたいです。

まず、贅沢な生活をしてません。計画性があり、着実に貯め込みます。

わたしは、若い時から、そういう生き方をしてきました。

飲みに行こうと言われたら、断わること。

外食はしなく自炊する事。派手な車に乗らないこと。人間とあまり接しないこと。

要らないものは、買わない。必要ないものは、解約する。

お金の掛かる女性とは、付き合わないこと。

給料が安いと、社会保険も税金も安いので助かります。

生活レベルを上げると、維持費が大変なので、上げません。

スーパーで買い物を良くしますが、ポイントが貯まるので、電子マネーに変換して買い物してます。

後は、auでんきにして使用量に応じて、ポイントが貯まり、それで機種交換してます。

スマホに、一日の使用料金が出るので、それを参考に節電してます。

いかに、稼ぐかではなく、いかに抑えるかで決まります。

これは、スポーツも一緒だと思います。

貯金が出来たら、数字をキープしたがるので、自動的に使わなくなると思います。

ご主人がきれい好きなのも、節約につながります

家をきれいにすることも、節約ですよね。まず、無駄が見つかりますから。お父さんの趣味にできたら、さらに、節約になります。ご近所に、とても手入れの行き届いたご家庭があるのですが、奥様がきれいずきなのかと思ったら、定年退職されたご主人様が、きれい好きで、手入れをしてくださているようです。これで、家の中は整理整頓していないはずがありません。相当に、家の家計も、節約しているはずです。

ご主人の趣味も家をきれいにすることだと、節約できることも多いはずです。人の特性によりますね。

自分もこうだと、200万円ぐらい節約できていることだと思います。買いすぎで、スペースも狭くなり、立ち往生するくらいです。主婦の生活の整え方も重要なのです。買い物依存症も少額でも、たくさん集まりすぎると、節約にはなりません。

子供似も、安いものではなく、ある程度、いいものを買っているといいと思います。長持ちします。特に、すぐに買い替えるのも、面倒になります。インエーネットはお役に立ちますね。ここで調べて、買ってやると、仲間内にも、それを持っている人がいたりして、近親感がわき、不平も言わずに、使うようになるので、節約につながります。

中古住宅をかうことが節約になるのです

“ご近所で、若いご夫婦が、築40年ぐらいのお宅を買われて住まわれています。お安かったそうです。
住宅ローンも組まなくてもいいような金額です。
そこで、我慢するそうです、新築の家を買えるようになるまで、必死に働くのだといいます。
そのようにして、新築を買って、移り住むのが、最大の節約になるといいます。

現に趣味にお金をかけていたり、金銭的にも余裕のある生活を送っています。
一方で、はじめから、新築の住宅を購入してしまうと、住宅ローンを当然ながら組むことになります。
若いときに組む、住宅ローンは、厳しのです。金額を払えるのかどうか、いつも不安な生活になります。
このようなご家庭は、最高の幸せが短時間にきて、その後を考えるのが怖いということになったりするのです。

どちらを選ぶのかは、自分次第ですが、どちらかというと、中古のお宅のほうが賢明なのではないかと思います。
ローンを組んでいたとしても、新築物件の5分の1の費用で済むのです。生活の楽さが、違うことは明らかです。
家の問題は、家計の大きな節約の要素なので、おろそかにはできません。
よく家を購入するときに、調べることです。
それができると、安心して、生活できるのかもしれませんね。”

裕福なのに節電家の側

近所が自他ともに認める軽減マンションだ。
みんなでどっかへ行きには近場でもきっちりオトク切符を購入し、飲料は始終巨大なマイボトルを持ち歩いてある。
一人暮らしの自宅では家電商品を取り扱うケースだけコンセントをさして、使い終わると一気に外したりと徹底した軽減っぷりだ。
ただ、意外なことにその友人の家ははなはだ裕福なのです。
しかも親子は皆さん浪費マンションですみたい。
母や次女はブランドものがお宝で、父親の道楽は車という筋金入りのおミリオネア。
どうして近所だけが軽減マンションなのか疑問に思って尋ねると、「無駄口にお金を使うのが不愉快だけ」というメリットでした。
確かに切り詰めて軽減をやる感じはまるっきり無く、むしろ一緒にいると自分の無駄遣いに自然と気付かされてしまう。
例えば、身は遊んでいる時に喉が渇き、一気に自動販売機で飲料を買ってしまいますが、近所はそういった身を白い目で見ます。
「マンションから持って来ればいいのに」と各回仰るうちに「確かに惜しいな」と思うようになりました。
クラブうちでは、「軽減マンションの近所と一緒にあることによって自分も無駄遣いが減った」と言いだす第三者まである。
自分ひとりで軽減をするのは何だかポイントに負けてしまいそうなので、近所を真似することで無理なく軽減を因習づけられたら良いなとひそかに思っています。