USAで短縮人生、上手に積み重ねを繰り返す為にやる箇所

アメリカ在住の母親歴6世代の30代レディースだ。
住宅は異動族で、まだまだ夢の住居を欠ける結果、今日出来るだけデポジットを繰り返す為に蓄財、軽減に励んでいます。
アメリカではわが家を購入する時、デポジットはわが家買い付け額の2割が適正とされていますが、幾分は貯めたいだ。
自分が業母親な結果、亭主のお年収でやり繰りをしていますが、徹底しているのは先に毎月の預貯金額を別の貯金ふところに飛ばす事です。
これはデポジットになるので、絶対に触りません。フライングゲット預貯金をするほうが確実に預貯金は増えます。
また、普段の買い物は、ウィークエンドに1度私だけで行きます。
亭主、キッズを連れて行くと必ずやカートに余分な物を来れるので1お客様でいくほうが軽減になります。
ウィークエンド前に冷蔵庫、冷凍庫の中に留まる原材料を取り入れて週間の料理を決めて買い出しに行きます。
バウチャーも使用して絶対最低限の物だけ購入するので予算内で減る様にしています。
外食も、こちらはチップが必要なので厳しくついてしまう為、ハッピーアワーのステージやランチの時間に出向く様にし、またバウチャーを上手に利用し安く済ませている。
普段の生活で軽減に頂点なるのは食費だと思うのですが、こちらでは日本の様に激安スーパーマーケットや、大売り出し等が弱い結果、更に食費はかかってしまうので、どんなに賢くアレンジして食事を作るかが大切だ。

外食費を燃やすと低減につながります

キッズが幼稚園に入ったあたりから、やりくりにおけるOFFの遊び費の占めるパーセンテージが大きくなってきました。理由は二つあります。一部分まぶたはキッズにも入場費用が必要になる場合が多くなることです。次は外食だ。今までキッズの召し上がる食い分は大人の取り分けで満足だったのに、キッズもいつしかキッズメニューを申し込むようになったからだ。
OFFは出来るだけ家族で外出して楽しみたい-。しかし、キッズが成長するに従って徐々に賃金もかかるし、遊び費にお金を使ってばかりもいられない-。そこでマンションはOFFの遊び費の中で、やれるところは切り捨ていこうと決めました。
ひとたび出先は、出来るだけ入場費用が無用、もしくは地方自治体が運営する設備に行なう。
春や秋などシーズンの喜ばしい時は、公園でのお出かけは我が家のお決まりだ。公園で思う存分キッズと遊んで、正午ご飯は遊びシートを広げて持参したお弁当を食べます。お弁当といっても、忙しない朝に外出アレンジをしながら定めるものですから、おにぎり中心の簡単なものですが、外で食べると喜ばしいですし、キッズも喜びます。
また、外出したお日様の昼間と真夜中、とも外食することを駄目にしています。正午に外食すると分かっているお日様は、ディナーに温め直せば食べられるカレーなどを予め作っておくのです。帰ってきたら、キッズがお風呂に入っている間に少し準備できるので障碍ではありません。
こういう方法で少々工夫はかかりますが、外食費を引き下げる結果かなりの節電になっていると思います。