節約メソッドを探して辿り着いた簿記の実践

世の中には色々な節約ものがありますが、我々がいきついた節約ものは相当シンプルな物質でした。最初は受領証をやりくり簿に付けて支出を最小限に抑えていましたが、その苦労が障碍になり、次に手を出したのがIPhoneのやりくり簿アプリケーションでした。これは撮影を撮影して団体サーバーにニュースを届ける図式をとっていたので、ユーザからしたら受領証を撮影するだけなのでそこそこ使いやすい物質でした。コイツのお陰で手書きの苦労が省け、受領証の舵取りも簡単になりやりくり簿の舵取りもやり易くなりました。

でも私の企てる根本の節約にはいまだにさっと遠いポジションにあり、金銭の手続きについてきつく引っかかると思うようになりました。限られた価格とタームの中でどんなに金銭を舵取りし運用するかに目が向く様になり、その方法を学ぶ仲間として簿記の学校を始めました。学校自体はたいして苦手ではありませんが、なにぶん学校本体から遠ざかっていたために学校恒例を考えるまでタームを要しました。節約とハンドリングは切っても切れないコネクションにある事が行渡り、それまでなかった賜物を大事に取り扱う恒例が出来て、靴や洋服などはそこそこ大きい賜物を購入し、その分定期的にメインテナンスをし長く使うようになりました。

食費は少しずつ冷蔵庫の土台を整理することから最初、薬味や冷凍庫仲間の冷蔵食べ物なども切り落とし、会社にはお弁当を持参するようになりました。自分にあった節約ものを見付け、その過程で取り除ける賜物と必要な賜物を選別するようになり、注意が出てきた簿記の学校までするようになり今はハンドリングについて学校内側だ。こういう勢いで節約を続け、次は簡単な簿記の実験を受けてみようと思います。

軽減はやりすぎてもわずらわしい

今は労働がニートになってしまいとっても年俸が異例になり、貯金に回すお金が無く以前の貯金でくらいやる状態です。この状況になって30数年生きてきてようやく本当の意味で、短縮ということを考え実行していらっしゃる。今までも代金を確認して一先ず必要かどうにか考えて、力作を購入しました。しかし今は二度と同じ産物がいらっしゃるタイミングにおいて、ひとつに対しての額を計算してますますどちらが有利かを考えて購入するようになりました。また資産の直感がどんどんシビアになり、内面でこういう産物に対してここまでの金額というのが明確になり、それ以上お金を使わないように気をつけるようになりました。

それと共に以前はブランド品や逸品が好きで考えずに購入していましたが、物欲が抑えられ全然必要最低限の小物以上買わないようになりました。それが格段常に苦痛ではないのですが、ふとした場合自分のこの状況を嘆くと言うか笑ってしまうシーンがあります。そんな時はちょい美味しいものを食べたり、自分の許せる範囲内で欲しかったものを貰うなどしています。あんまり節約しないとと個人を責めすぎると、それにだんだんと息苦しくなり自分で生活してくことが本当に馬鹿らしくなります。ですので短縮もほどほどにしてやりすぎるのもよくないと近年思いました。

まとめ買いはやっぱりいい

主婦の皆さんで節約に興味があるかたは多いと思います。主婦を対象にした雑誌でも節約特集って多いですよね。
そしてその中でもよくある節約方法の一つ「まとめ買い」や「スーパーに行く回数を減らす」というものがありますよね。
実は私がこれを実践して節約に成功した一人なのです。

1週間のメニューを考えるとかが出来なくてちょこちょこと買い物に行くのですが、今日はこれだけ買いたいと思っていってもいつのまにかカゴに商品がいっぱいということが多々あります。
スーパーを何件か利用しているので次このスーパーにくるのは1週間後だし、くさるものではないし安いから買っちゃえってパターンになっていました。
そんなことがあってスーパーを1件に絞って月曜日と金曜日にしかスーパーに行かないと決めてみました。
どちらも4千円の予算で買い物するようにしてみたのですが、これのおかげでやはり普段の無駄使いを痛感しました。

メニューによってはこの食材がほしいなと思うことがあっても家にない場合が発生するのですが、なんとか家にあるものでと工夫して乗り切れるようになりました。
お菓子もあれば多めに食べていたこともわかりました。まとめ買いのお陰で時間も節約できてよかったと思います。

節約の大きなポイント

多くの人は節約を意識されている事でしょう。しかし、節約のポイントが日常の食費等のこまごまとしたものに目が行きがちで、大きな節約のポイントを放置している事が意外と多いものです。
その最大の品目が、通信費です。近年では家計に占める通信費の割合が増大し、政府が通信費の割高を是正する事を勧告するほどです。この通信費の増大は、光回線等のインターネット回線と、スマートフォンによるものである事は言うまでもありません。
こうした費用が嵩んでいる事を意識して、多くの人は光回線とスマホのセット割りや、スマホの様々な割引を活用したり、格安スマホに乗り換えたりする節約を行っているはずです。

しかし、スマホを活用する事が多い人は、現実には固定の光回線を利用する頻度は極めて少ないのが一般的でしょう。思い切ってパソコンをインターネット接続する事を止めるか、どうしても残して置きたいなら、時代に逆行するように思えますが、ADSLに戻すと言った手もあります。
セット割り等は、通信会社が節約した気分を消費者に与えつつ、顧客を囲い込む巧妙な手段です。節約を考えるなら、根本的な必要性から考え直し、思い切った方策を講じ、大きな節約を行うべきでしょう。

節約の大変さを身に染みる。貯蓄もしなきゃ?

私は、自営で鮮魚店を営んでます。最近の状況ですが大型店舗の進出、インターネットショッピングの充実により個人経営の店舗は非常に厳しい経営にさらされています。
私も年間の売り上げが減少し続けてます。10年前と比べると半分以下に落ち込んでます。

さて、本題に入ります。まず手をつけたのは生命保険の負担を減らすことにしました。
残したのは外資系のガン保険、生涯保障の医療保険、年金保険(但し、全額払込済)に絞って乗り切ることにしました。このままでは老後保険貧乏に陥ることになるでしょう。

次に、電気代を削れるところは削る。一番掛かるのは動力にあると思います。
店が始まる時に電源を入れ(ショーケース)、終わる頃に電源を落とす。これだけでも月に10000円は減らせます。使わないコンセントは外す。必要な場所だけ電気をつける。
これは、鮮魚業界の話ですが、魚のアラを安値で売る。無駄を少しでも無くすことです。

次に貯蓄ですが、副業で収入を得る方法を探してその報酬を少しでも貯蓄にまわせたらと思います。
金額は多くは望めません。定期の積み立ては利息は僅か、ビットコインはリスクが高過ぎ、株式投資は資金がなくてできない。後は店が終わってから深夜の牛丼チェーン店で少しでも収入を得る。
後は、メルカリなどで物品の売却、できることは可能であるかぎりやるしかありません。

毎日を見直すとはなはだ節約できます!

現在断捨離にはまって、内部のいらないものを大幅に処分していらっしゃる。
その一種で、日々の支払いの中にもいらないものがないか、延々と点検するようになりました。これがカットにつながっていらっしゃる。
先ず、新聞紙だ。新聞紙を並べると、ホールにはその日の新聞紙だけでなく、読みたいけれどまだまだ読んでいない文章が掲載された一品など、数日分の新聞紙が散乱してしまいます。また、新聞の後始末が月に1度しかないので、到底1か月分のクズと化した新聞紙を保管しておかなければなりません。
長時間取り続けた新聞紙ですが、思い切って解約してみることにしました。もしも何だか必要ならば、また購読すればいいかなと思ったのです。
成績、止めても何の支障もありませんでした。それどころか新聞に食卓ののちを占拠されることもなく、クズをかなぐり捨てに出向くわずらわしさも乏しい。やっぱりすがすがしささえ感じました。媒体が読みたければ、インターネットで読めば良いのです。世界中の媒体にアクセスすることができるのです。
 もう一つ、長時間続けていた習い事を一部分やめました。途中でこちらには決して合わないと気づいたのですが、田園なので今後のドクターとの人間関係などを考えると取り止めることができなかったのです。でも、根性をもってやめました!今は気持ちよい気持だ。月謝ももう必要なくなりました。

エアコンつけっぱなしはホントに電気代が安いのかやってみた。

暑い夏の季節、室内エアコンは熱中症対策のためにも必須ですよね。
巷でよくみかける「エアコンはつけっぱなしのほうが電気代が安くなる」という言葉。
その理由は、室温が高い状態でエアコンの電源を入れると、設定温度にまで一気に下げようと頑張るため消費電力が多くなります。
ですから、一度エアコンをつけたら室内温度を一定に保てるため、エアコンに負荷がかからず、電力が抑えられる!ということなのです。

逆に出かけるたびにエアコンを消すと、再び室内の温度が上昇し、帰宅してからエアコンの設定温度まで下げようとするため消費電力くが多くなり、電気代が上がる。
これを聞いたときなるほど~と納得し、さっそく今年の夏はエアコンつけっぱなし快適生活をおくってみました。
結論から言うと、電気代・・・・・・去年の約1.5倍増でした。残念。
筆者の家のエアコンは購入してから3年目。自分のできる範囲の掃除をして使いました。
エアコンつけっぱなし以外は、去年の夏と暮らし方はあまり変化していません。

去年の夏は、節約のためこまめにエアコンを消したり、夜寝るときはタイマー設定をしていました。
筆者の家ではやはりつけっぱなしは電気代が高くなってしまいました。
電気代の節約には、電化製品の電源はこまめに消す。が一番効果があるようです。

正しく節約して無駄遣いを防ごう

“お金の節約。誰でも考えますよね。同じものを買うなら安く買いたいと考えるのは当然です。
しかし節約方法が間違っているため、かえってお金の無駄遣いをしている場合も多いのです。

例えばガソリン代を節約するために近所のスタンドに行かずわざわざ何キロも離れたスタンドまで給油する人がいます。
浮いたガソリン代以上に移動でガソリンを消費している事が多く、トータルでは支出が増えてしまいます。
スーパーでレジ袋代を浮かせて結局ゴミ袋を買う人。だったら最初からレジ袋を買ってそれをゴミ袋に転用した方が効率的です。

これらとは別に、買い物する時に考えないといけない事があります。
それは、今から買う商品が何日間持つか考え、そこから1日当たりの費用を計算する事です。
例えば300円の洗剤を買って1週間持つのと、600円の洗剤を買って3週間持つのでは、後者の方が1日当たりの洗剤代は安くなっています。
目の前の値札の数字に惑わされるのでなく、それが何日間持つのか、だから1日あたりいくらかかるのか考え、1日当たりの値段が安くなるように買うのが正しい節約と言えます。
1個当たりいくら、100g当たりいくら、で考える事も間違いではありませんが、それよりも、1日当たりいくら、で考えた方がより確実に節約できます。”

中古住宅をかうことが節約になるのです

“ご近所で、若いご夫婦が、築40年ぐらいのお宅を買われて住まわれています。お安かったそうです。
住宅ローンも組まなくてもいいような金額です。
そこで、我慢するそうです、新築の家を買えるようになるまで、必死に働くのだといいます。
そのようにして、新築を買って、移り住むのが、最大の節約になるといいます。

現に趣味にお金をかけていたり、金銭的にも余裕のある生活を送っています。
一方で、はじめから、新築の住宅を購入してしまうと、住宅ローンを当然ながら組むことになります。
若いときに組む、住宅ローンは、厳しのです。金額を払えるのかどうか、いつも不安な生活になります。
このようなご家庭は、最高の幸せが短時間にきて、その後を考えるのが怖いということになったりするのです。

どちらを選ぶのかは、自分次第ですが、どちらかというと、中古のお宅のほうが賢明なのではないかと思います。
ローンを組んでいたとしても、新築物件の5分の1の費用で済むのです。生活の楽さが、違うことは明らかです。
家の問題は、家計の大きな節約の要素なので、おろそかにはできません。
よく家を購入するときに、調べることです。
それができると、安心して、生活できるのかもしれませんね。”

物を詰め込み過ぎない節約術とは

冷蔵庫にいっぱい食品が詰め込まれていませんか?タンスに洋服がぎゅうぎゅうに入っていませんか?押し入れや物入れが物で溢れかえっていませんか?物を大事にすることが節約だと思っていませんか?物があふれている状態は節約とは言えません。冷蔵庫に食品がありすぎて、気づいたら期限切れで処分したことがあるでしょう。
冷蔵庫は詰めすぎると電気代もかさみます。同じような洋服を気づいたらまた買ってしまったことがあるでしょう。ないと思っていたストック商品を余計に買ってしまったこともあるでしょう。物を詰め込み過ぎると多くの人は何がどれくらいあるのかきちんと把握できないのです。物を適度な量でしまっておくと、何がどれくらいあるのか大体把握できるのです。買い物に行っても、物を買いすぎることもなくなりますし、洋服を買うときも同じものを持ってないか?持っている洋服とどうコーディネートできるか検討し、いい買い物ができるのです。
安いからといってすぐに飛びつくことなく、きちんと品定めしてから買うことができるのです。多くの物には期限があります。食品はもちろんですが、洋服だって流行遅れやサイズが合わないのは期限切れなのです。その他の物でも使うことがなくなったとか飽きてしまったら、その人にとっては期限切れになります。節約をしたいなら、詰め込みすぎた物を見直してみませんか?