新らしい貯金法!?棒金貯金!!

貯金はなかなか難しいものです。

どれだけ自分に打ち勝つか、欲求に負けずに貯金するか、どれだけ欲しいものを我慢するか。

例えば1日1本100円のドリンクを買うだけで1ヶ月3000円もの出費になりますよね。

1日たった100円ずつでも長い目でみると大きな金額です。

だから貯金も同じようにすれば簡単に貯まるのではないか。

そう思うのは非常に簡単な事です。

思うのと実践するのはかなりの違いがありますから。

では貯金、節約はどうやってするのがいいのか?

これは永遠の課題だと思っています。

ですが一ついいやり方を思い付いたのです。

貯金の仕方としては、1回で5000円などまとまったお金を貯金してそこからは使わないという方法です。

こんなのは良くある貯金法です。

欲求に負けて使ってしまえばおしまいです。

ではどうやってその貯金の仕方を実践するか?

そこが重要ポイントとなってくるのです。

そこで思いついた方法は

棒金貯金です。

小銭を50枚1組の棒金にしてしまえばその1組をわざわざ解体してまで使わなくなるのではないか?

100円の棒金でも5000円になりますし、わりと大きい単位まで可能なのです。

1週間に何円分かを近くのATMにいって棒金に変えて貯金する事を始めました。

まだ初めて1ヵ月ぐらいしか経っていませんが棒金だけですでに2万5000円貯まりました。

これからも継続して貯金したくなる貯金法の紹介でした。

棒金貯金オススメです。

妻がおこなっているFXの体験談となっております。

これは自分は人にはおすすめをする気にはなりませんが、使い方次第では将来自分に大きな見返りを与えてくれます。

FXは通貨売買をおこなうことにより、変動によってその差額で利益を得るという投資です。これは変動の結果によっては損害を招くこともあり、大きなしっぺ返しをもらうことになりかねません。貯金とはいいきにくいですが、妻の場合はこちらのFXの口座に30万円を預けて、後は一切追加をしないようにしております。FXには高金利の通貨があり、ニュージーランドの通過であれば、3000円で一口購入をすることができて、毎日約50円の金利をもらうことができます。FX用語でいうのであればスワップポイントというものです。妻はこれを30口、90000円分購入をして、毎日150円の金利をもらっております。後の差額は変動に対して、ロスカットが発生をしないための供えです。2010年にサムプライズローン問題が発生をしましたが、その対策としてロスカットが装備をされました。このシステムが発動をしなければ、赤字となっても将来回復することを見込んで、取引を継続させることができます。将来は大きな利益をもたらしてくれるかもしれませんが、最悪の場合はなくなってもいいという貯金であります。

節減をして貯金を繰り返すためのさまざまな智恵

あたしは田舎町に住んである。うちは住まいだ。そしてうちの住居菜園で野菜を作ってある。食費の節電に住居菜園は有効に使えます。最初ウィークの食費が大概3,000円から4,000円くらいで済んでいて、月収に換算しても15,000円レベルに収まってある。
それから、テキストなどは合計、書房で読んである。テキストの価格もかからないので、報せ費の節電にもなっています。続報に関しては、主にWEBを活用しています。これらの無料で使える報せインフラのおかげで、報せを手に入れるためのマネーは全く掛かりません。
TELはガラケーを使っています。こちらも一月の情報費は2,000円前後だ。
航行には原付バイクを使っています。ガソリン代は一月に1,000円レベルだ。
こうやって固定費を削減する結果基本的な生活費を統べることが可能です。
一月の因る生活費は2万円を切っているので、残りのマネーはきっと預金に回すことができます。大概一月に4~5万円は預金に回すことができます。
預金に関しても、ただなんとなくマネーを蓄えるのではなく、具体的な狙いを持って貯めることが大事です。あたしはミュージックの趣味があるので、目新しいギターや器具を貰う結果という狙いを持って預金をしています。
日々のライフスタイルのジョギング対価を下げれば、いつしか預金は広がるのです。

誰でも簡単な貯金のはじめ方

人生において貯金ほど大切なことはない。

少しずつコツコツ貯めていけば必ず役に立つときが訪れるからだ。

だがこの貯金、簡単なようでなかなか始めることができない。

そこで私が実際に行っている貯金方法を紹介する。

大学時代、私には裕福な友人がいた。

その友人は大学生とは思えないほど資産を持っており、お金に困っている様子はまずなかった。

対して、自分は趣味への出費が多くバイト代が給料日間近になるとほとんどないのが日常茶飯事だった。

そんな自分に対して、友人が進めてくれた貯金法がある。

それは、財布に残っている小銭をすべて貯金してしまうということだった。

裕福な彼は日ごろから1万円近くは持ち歩いていたため、小銭が邪魔になることが多かった。

なので、邪魔な小銭を貯金に回してお金を蓄えていたのである。

これなら、資産が多いのも納得できる。

しかしながら、この方法はお金に余裕がある彼だからこそできる貯金テクであり、常にギリギリでやりくりしている私にはハードルが高い。

そのため、この貯金テクを自己流にアレンジすることにした。

それは貯金対象を5円以下に限定するというものだった。

「それではあまり貯まらないのでは?」と思う方も多い方と思われるが、貯金とは日々の積み重ねである。

少ないお金でも貯金をする習慣が出来ていけば、次第にお金もたまっていくようになる。

貯金していくことがすっかり習慣化した私は現在10円玉以下の貯金だけで3000円以上貯めている。

一見難しく見える貯金だから初めて見ると意外と楽しいものである。

これに貯金額が分かるアプリをダウンロードするとなお一層貯金が楽しくなるだろう。

貯金を始めようとして迷っている皆さん、まずは少ない金額から貯金を始めてみてはいかが?